メイン | タラバガニの魅力 »

カニの旬とは

皆さんは、カニの旬と聞いて、いつをイメージするでしょうか?
おそらくほとんどの人が、「冬」と答えるのではないでしょうか?
確かにカニといえば冬というのは、世間一般でも広く知られていることではあります。
しかしカニというのは、1年中いつでも食べることができるのではないでしょうか?

カニとかエビといった、いわゆる甲殻類というのは、1年中いつでも食べることができます。
というのも、いつでも獲ることができるからです。
しかし一部のカニについては、禁漁期間というものが設定されている場合があります。
このため、食べる期間が限られている種類も、あるにはあります。

また魚の場合には、いわゆる旬の季節というのがあります。
魚に旬があるのは、魚は時期によって脂の乗る時期というのが、新たか決まっているからです。
しかし甲殻類の場合、別に脂が1年のうちの特定の期間だけ、のるということはありません。
ですから、季節ごとによって、味がよくなったり、悪くなったりということはまずないといっていいでしょう。

また、カニには、種類によって、多くとれるものが変わってきます。
例えばタラバガニの場合、確かに冬場になると多く獲れるようになります。
しかし毛ガニの場合には、秋から春にかけてがシーズンの最盛期といわれています。
このようにカニの種類によって、微妙に獲れる時期が変わってきます。
逆に言うと、カニはいつの時期にでも食べることができるということができるわけです。

About

2010年12月07日 10:03に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「タラバガニの魅力」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35