« 急いで解凍をする場合 | メイン | カニのサイズ »

ボイルカニはおいしいか

カニというと、最もおいしいのは生のカニである、と思っている人は少なくないようです。
一方で、ボイルした状態のカニというのは、味的には一枚劣る、という風に思っている人も多いようです。
理由は、ボイルをしたカニというのは、急速で冷凍をしているため、どうも水っぽくなるという意見が多いようです。
確かに一昔前までは、ボイルしたカニというのは、少し味的には劣るところもあったかもしれません。
しかし最近のボイルカニについても、決して生のカニと比較をしても、引けを取らないところまで、品質が向上をしてきています。

ボイルカニの品質が向上をした背景の一つに、冷凍技術が進化をしたということが挙げられます。
昔は冷凍をすることによって、カニの細胞を壊してしまう、というネックがありました。
このために、どうしてもうまみがなくなってしまう、というところが味の悪さを出していた要因の一つです。
しかし現在では、急速冷凍をしたとしても、カニの細胞を壊すことがない技術も登場しています。
ですから水揚げした状態となんら変わらない、ボイルカニを食べることができるようになってきています。

しかもボイルカニの場合、ゆでの技術も最高のものが活用されています。
職人がゆでているので、しお加減やゆで上げのタイミングについても、バッチリに仕上がっているのです。
ですから、ボイルのカニといっても、ばかにすることはできませんし、十分にカニのうまみを堪能することができるところまで来ているのです。

About

2010年12月07日 10:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「急いで解凍をする場合」です。

次の投稿は「カニのサイズ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35