« カニで酢のものを作る | メイン | カニめしを作ってみよう »

カニとお酒

カニを料理として食べる人もいるでしょうが、一方でお酒の肴としてカニを活用している人は多いのではないでしょうか?
カニ料理というと、日本酒とか焼酎というイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、料理を少しアレンジしてみることで、ほかのお酒にも合わせることができます。
例えば、カニのバター焼きやホイール焼きは、料理を普段あまりしないという人でも、手軽に作ることができるのではないでしょうか?
カニのホイール焼きやバター焼きについては、ワインなどの洋酒系でも十分にあいますから、少しカニを肴にすることに飽きてきた人には、おススメです。

もしホイールやきやバター焼きをする場合には、ひつと注意が必要です。
それは、コショウは使わないほうがいいという点です。
よく料理のアクセントに、コショウを使う人は多いかと思われます。
しかしカニというのは、カニ好きの人はわかると思いますが、あの淡白な味わいにだいご味があります。
ですからコショウを使うことによって、淡白さがなくなってしまいますから、使わないほうがいいでしょう。

また酒好きにとってたまらないのは、カニの甲羅に日本酒を入れて飲むという方法です。
できれば、熱燗にして飲むのが最高でしょう。
しかしカニを食べて、甲羅にみそが残ったとします。
そこに温めておいた日本酒を、溶かし入れていきます。
そして甲羅を一種の容器のようにしてのんでみてください。
いかにも贅沢をしているようで、たまらないものがあります。

About

2010年12月07日 10:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カニで酢のものを作る」です。

次の投稿は「カニめしを作ってみよう」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35