« カニとお酒 | メイン | カニの健康効果 »

カニめしを作ってみよう

カニ料理の中でも、カニめしという料理があります。
普通のご飯ばかりだったので、少しはご飯にアレンジを加えてみたいという場合には、カニめしを作ってみるのも一つの方法かもしれません。
もしカニめしを作る場合には、毛ガニを用意しましょう。

まず米をといでおきましょう。
米を研ぐタイミングですが、たく1時間程度前までに済ませておくと、水気を切ることができます。
そして毛ガニの身を取り出して、粗くでいいですからほぐしておきましょう。
ただし足の身については、そのままの状態にして、飾りのために取っておきましょう。

一方でカニの殻を鍋に入れて、強火で煮立たせます。
この時、大さじ1のしょうゆと5gの塩、大さじ1の清酒を混ぜておいて、別の鍋のところに先ほどのカニの殻を煮立たせただしと一緒に入れておきましょう。
この時、カツオだしや薄口しょうゆ、塩などを使って、味を調えておきましょう。

最後に先ほど作っただしを炊飯器の中に入っている米のところに入れて、そのまま炊きます。
米が炊き上がったら、ほぐしておいたカニの身を入れて、むらしましょう。
そしたら、それぞれの茶碗に取り分けていきましょう。
ちなみに錦糸卵やさやえんどう、のりなどを散らして、少し味や見た目にアクセントをつけてもいいでしょう。
最後に足の身を飾りとして目立つところにおいて、食べるだけです。
このように、カニめしは、見た目の割には、それほど複雑な工程を必要としませんから、料理が苦手な人でも作ることができます。

About

2010年12月07日 10:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カニとお酒」です。

次の投稿は「カニの健康効果」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35